インフルエンザ予防接種は中学生なら何回?費用はどれくらい?

   

580343中学生は子供のようににインフルエンザの予防接種を二回受けなくちゃだめ?それとも成人と同じ1回?費用はどれくらいなのか?費用の違いって何?についてまとめています。

スポンサードリンク

インフルエンザ予防接種は中学生なら何回?

中学生は子供と同じ2回接種なのか、成人と同じ1回接種なのか?
シンプルに答えるならば、大抵は1回です。
それは、ワクチンの接種は13歳から65歳までの成人は原則1回となっているためです。

 

ですので、中学1年生で、まだ誕生日がきていない方は12歳ですから、2回の接種。誕生日を終えて13歳になっていれば1回です。ただし、成人であっても免疫反応が低い方は2回接種が望ましいようですね。

 

さらに、少しややこしいですが、去年予防接種を受けている場合や、インフルエンザにかかったという場合には、予防接種が1回でも効果があるとする報告と、やはり2回接種をしたほうがより効果が得られるという報告が存在しているので、実際には、何回接種するかは本人と、医師の判断にまかせられています。

 

13歳以上であっても、高校受験を控えている3年生や、ワクチンの効果の持続期間に不安があるな、、、という場合では2回の接種を受けている方もいます。

 

中学生は成人と呼ぶにはまだ免疫が未熟な場合も多いので、どちらにしたら良いか悩みますよね。費用も2倍かかるとなればなおさらのことです。

 

インフルエンザの流行期間に大切な予定がある場合は、保険だと思って2回接種。そうでなく、13歳をむかえているなら1回接種でよいのではないでしょうか!

スポンサードリンク

インフルエンザ予防接種の中学生費用はどれくらい?

インフルエンザの予防接種の費用は、「中学生はいくら」という料金設定ではありません。

 

ワクチンの接種が1回か、2回か。という事で費用がかわります。全国的なインフルエンザの予防接種の1回あたりの平均費用は3200円ほどです。

 

医療機関によって、料金が違うので、中には2000円で予防接収できたという方もいらっしゃいます。

 

2回接種するのであれば、およそ5000円から7000円費用がかかりますし、1回であるならば、医療機関によりますが3000円から5000円といったところです。

 

受験生のお宅などでは、万が一に備えて家族全員予防接種することも考えられるでしょうから、かなりな出費となりますね。

 

中には、市町村や加入している健康保険組合に、インフルエンザの予防接種を受ける際に補助が出る事もあり、一度ホームページや広報で確認してみるのも良いかもしれません。

インフルエンザ予防接種の費用の違いは?

インフルエンザ予防接種の費用は、医療機関により様々であるとお伝えしましたが、この費用によって効果が変わるのかも気になるところです。

 

しかし、ワクチンそのものの効果に違いはなく、費用が高いから効き目が高くて、安いと効き目が低いといったことはありません。

 

医療機関による費用の差というのは、それぞれの病院が自由に料金を決めているので、人件費の違いであったり、テナント料の違いであったり、ワクチンの仕入れ先の違いなどから生じます。

 

ワクチン接種の料金の違いで選ぶのも一つの選択肢ですが、副作用が起こった場合の事を考えますと、自宅から通いやすく、安心して相談できる病院をおすすめします。

まとめ

インフルエンザ予防接種は中学生は13歳以上であれば基本的に1回。12歳以下や、免疫反応が弱い方、受験生などは2回の接種を検討しましょう。

スポンサードリンク

 - 家庭の医学