卒園式と入学式は同じスーツで行く?着回しのコツは?

   

卒園式子供の卒園式と入学式って、時期的には1、2週間しか空いていません。そんな中、フォーマルなスーツは同じものでいいのでしょうか?2着用意するのも何だし・・・と思っているお母さん、周りのママ友はどうしているのか?同じなら着まわすコツは何なのか?についてご紹介しています。

スポンサードリンク

卒園式と入学式は同じスーツで行く?

この疑問、世のお母さんのほとんどが悩む事なんですよね。私も次女の幼稚園の卒園が近づくと、ご近所のママ友や、幼稚園ママとの間でも話題にのぼります。

 

それで、気になるみんなの回答とは?

 

・『同じ同じだよ~。いくつも買えないよ!』~30代後半

・『同じだけど、スカートだけ変えるかな』~40代前半

・『同じだけど、バック&靴&コサージュ等小物で変化』~40代前半

・『パンツとスカートのセットもの用意してるから半分別』~40代前半

・『独身の時のスーツが使えるから別にするよ』~30代前半

 

だいたい、こんな感じの回答をするママ達が多かったんです。
傾向としては、長子の卒園や入園を既に経験しているママ達は、すでに1セット以上のフォーマルを持っているので、小物を新規に追加して乗り切るという方が多いという事。

 

逆に、初めての卒園&入学式を経験するママさん達は、衣装持ちの方や、お勤めしている方以外はたいてい、フォーマルを持っていない方も多く、初めての経験の為に多くの出費は出せないために、セット物などで着まわすという方が多いと感じました。

 

そうなんですよね、年に何度も着る機会のない服に、何万円もつぎ込めないというのが正直な感想です。でも、大丈夫です。私の経験上、もちろん地域差や、住まいの文化によっても大きく違いますが、まったく同じ服やスーツで、卒園式と入学式を参列しているお母さんって結構います(^_-)-☆

 

いえ、地方ですとほとんどかもしれません。
まったく全てのパーツが同じなのではなく、季節感と、厳かな雰囲気の卒園式と、華やかな雰囲気の入学式で、小物を上手にアレンジしている方がほとんどなんです。

 

上の子も下の子も同じ学年という、ママ友が数人いますが、毎回まったく同じツイードのスーツを着まわしているお母さんが
いらっしゃいます。もちろん、一人だけではなく、数人です。
それを見たからと言って、何か思う事があるのか?については、まったくもって気になりません。

 

同じスーツであっても、小さな小物を差し替えてこられているので、きちんとTPOを考えてオシャレして来られているなぁ、といった印象です。

 

私は?といえば、卒園式には手持ちの黒のスカートに、黒のインナー&ジャケットに黒系の小物と白いコサージュ。
入学式には、同じジャケットにスカートとインナーを変えて、小物に色物をプラスして終わりです(^^)/
これ、上の子の時も、下の子の時も同じ~

 

え?同じスーツじゃないですよ。何故ならスーツ自体持っていないんです。ほぼ喪服にしか見えないスーツしか。あまりにも喪服らしくて使いまわしが効かないです・・・((+_+))
これからフォーマルスーツ購入される方は、ぜったい使いまわしの効くデザインにしましょうね!

 

次に同じ服やスーツを上手に着回せるコツをご紹介しますね。

スポンサードリンク

卒園式と入学式スーツの着回しのコツは?

服装って、本当に小物で印象が大きく変わりますよね。
それがフォーマルの席であればなおさらの事です。ほとんどの父兄が同じような服装で着ますので、小物の変化が大きなポイントとなります。
まずもって、大事な小物といえば、

 

★コサージュ
これがあるのと無いのとでは、フォーマルの服装に数段の格が変わると言っても過言ではありません。まず、付けていないお母さんを探すのが難しいくらいです。
靴やカバンやアクセサリーなどの、小物を全て変えるのも厳しいよ。という場合は、最低コサージュだけでも変えましょう。
卒園式に相応しい厳かでおちついたコサージュと、華やかな入園式に相応しいパステル調や、キラキラ系のコサージュがあれば大丈夫!

使いまわしも、もしも娘さんであればこれから始める、ピアノやダンス、バレエなどの習い事にヘア飾りとしてコサージュが活躍する事がありますので、無駄にはなりませんよ(^^)/

 

★靴&バック
この2種を卒園と入学式で差し替える事ができれば、印象を大きく変える事ができます。
卒園式はお母さんが目立つ必要はありません。地味でいいんですよ。脇役として、粛々とした雰囲気のブラックフォーマルや、グレー系のスーツがあれば充分。靴&バックも黒で。
入園式は春になり桜も咲いている季節となるため、同じスーツであれば靴&バックを明るい物や春らしいカラーのものを用意するとグッと入学式らしくなります。

 

★ヘア飾り
髪の長いお母さんなら、ヘア飾りを変えたり、髪型を変えるだけで卒園式と入学式の雰囲気を変える事が簡単にできます。
低めのまとめ髪は卒園式で、高めに結った髪は入学式で華やかに、といったアレンジで印象を大きく変える事ができるよね!

 

★アクセサリー
卒園式ならパールで無難に。入学式では明るいポップなアクセサリーを胸に付けて変化を出せますよ。

 

★小物ではないけど、インナーで印象が変わる
小物ではありませんが、ジャケットの中に着るインナーを変ええる事は、衣装そのものの印象を大きく変える効果があります。例えば卒園式では、シンプルな黒のインナーやタートル(寒いから)を着ている方が多いですが、入学式では、豪華なフリルのシャツや、サテンの光沢のある明るいシャツにすることでまったく違う印象となります。

まとめ

卒園式、入学式ともなると、肝心な主役の子供の服に家計の予算がさかれてしまい、なかなかお母さんが衣装にお金をかけることは難しいものです。でも、主役はお子さんです。箪笥やクローゼットの中身を上手に組み合わせて、足らずだけを買い足して、アレンジで同じスーツでも別の印象にできますので、工夫してみてくださいね!

スポンサードリンク

 - イベント ,