豊田おいでんまつり花火大会の場所取りや駐車場・穴場は?

      2016/04/15

豊田おいでん祭り12愛知県豊田市の矢作川周辺で、毎年約1万5千発の花火が打ち上げられ、そのスケールは内陸部の都市でも有数の規模を誇る『豊田おいでんまつり花火大会』。この花火を見るための場所取りや、駐車場の情報、穴場スポットなどをご紹介します。

スポンサードリンク

豊田おいでんまつり花火大会の場所取り

『豊田おいでんまつり』は毎年、7月最終週の土・日の2日間にわたり開催されます。花火大会は最終日の日曜日に豊田スタジアムを中心とする矢作川周辺で打ち上げられる予定です。

★感動の動画をご覧ください♪

【概要】
・花火開催日予定:2016年7月31日(日)
・花火開催予定時間:19:10~21:00
・花火開催場所:矢作川河畔 白浜公園一帯
・アクセス:豊田市駅から徒歩20分・東名高速豊田ICから国道248号経由で約5.5km約15分
・交通規制:ページ最後の交通規制案内をチェックして車での来場の際注意してください。・雨天時:雨天決行。但し警報発令中は当日正午に開催中止決定。・混雑時間帯:花火開催1時間前から会場付近一帯大変混雑

・有料観覧席=協賛席の申し込み:豊田市民は4月中旬から先行販売で、豊田市外在住の方は5月上旬受付開始。

イス席 4000円
4人マス席 12000円
2人マス席(北・南) 6000円
2人マス席(堤防北・南 8000円

有料の協賛席を確保していれば、朝から場所取りをしなくて済み、余裕をもって会場に足を運べますので検討してみてくださいね。但し、中止となった場合でも払い戻しはありません。(過去10年中止になった事はありません)

★豊田おいでんまつり花火大会の場所取り

場所取り可能な自由観覧席について、2016年の公式発表がまだ行われておりませんが、計画案を入手しましたのでご紹介します。

自由観覧席の場所取りは、花火大会が行われる7月最終日曜日の午前6時から、場所取りが可能なようです。それ以前にきても場所取りが出来ないように、立ち入り禁止とされています。

スポンサードリンク

2016年の場所取り可能場所は下記の図の、黒い斜線部分、、協賛席エリアの南北にある一般観覧エリア内が場所取り可能エリアです。
豊田おいでん祭り花火大会場所どり2016年分
無料観覧席のいい場所を確保するなら、日曜日の朝6時にスタンバイするのが確実ですね!

豊田おいでんまつり花火大会の駐車場

『豊田おいでんまつり花火大会』の開催場所は、豊田市駅から徒歩20分ですので、できるだけ公共交通機関で行く方が賢明ですが、そうもいかないという場合、車で花火を見に行く場合の駐車場の情報をお伝えします。

昨年は周辺の小中学校などが臨時駐車場とされていましたが駅周辺の駐車場の数と合わせても、来場者に対し余裕がないので、別の駅周辺に駐車して、電車で豊田駅に向かう方が、当日空き駐車場を探し回らなくて済むかもしれませんよ♪

※昨年2015年の情報ですのでご注意ください。
豊田おいでん祭り花火大会駐車場2015年

豊田おいでんまつり花火大会穴場スポット

★矢作緑地川端公園
花火の筒場から少し北側の川端公園も近いわりに、仕掛け花火など、一部見られない花火もありますが、幼児連れにも安心な穴場の観賞スポット。

★桜城址公園
豊田信用金庫本店前にある桜城址公園は、混雑が少ないわりに、よく見ることが出来て便利です。

★八幡公園
少し離れますが、打ち上げ花火なら充分よく見る事ができて混雑していません。

豊田おいでんまつり花火大会のまとめ

内陸部の都市でも有数の規模を誇る『豊田おいでんまつり花火大会』。メロディ花火や有名花火師による優れた花火や圧巻のナイアガラの花火が楽しめます。
打ち上げ花火の規模や来場者数に対しても、周辺の混雑ぶりなど比較的他の花火大会より参加しやすいのではないかと思います。是非万全の準備をして見に行って下さいね。

★交通規制詳細:http://www.oidenmaturi.com/hanabi/002.html

スポンサードリンク

 - イベント ,