松脂の落とし方は?手や服、車や床の場合

   

2587beb8bc072311610776b58ce4ea99_s松脂(マツヤニ)が付いてしまってお困りではありませんか?手についた松脂や、服に付いてしまった松脂、車のガラスやボディーに付いてしまった松脂、床の松脂の落とし方をご紹介しています。

スポンサードリンク

松脂の落とし方 手の場合

松脂は、名前の通り、マツ科の木から分泌される天然樹脂で、ベタベタとして付いてしまうとなかなか普通に洗っても取れません。

 

松脂は、クロロホルム、酢酸、エーテル、アルコールに良くとけます。これらをヒントに、身近なもので溶かして落としてみましょう。

 

手についてしまった場合は、一般家庭なら大抵はあるであろう、お酢かエタノールをつけて溶かして落としても良いですし、もしも洗顔用のクレンジングオイルがあれば、それをタップリつけてグルグルとマッサージした後に石鹸で洗うとすっきり綺麗に落とせますよ。

 

松脂の落とし方 服の場合

子供が松の木のぼりをして、服に松脂をつけてきてしまったり、部活動でハンドボールなんかをしていると体操服やユニフォームが松脂で汚れてしまいます。そんな時は普通に洗濯しても落ちませんよね。

 

衣服についてしまった松脂は、乾いたタオルに画材屋で売っているテレピン油か、ベンジンを付けて何度も叩くようにすれば
落ちやすくなります。

 

松脂が付いてしまった衣服の素材が、絹のような素材の場合は油を使うのが躊躇われますよね、そんな時は、消毒用のアルコールやエタノールで溶かしてみましょう。

 

この場合も、松脂が付いた服をエタノールをしみ込ませた布で挟んで叩くようにする事が大切です。あくまで生地を傷めないように、擦ったり、揉んだりしないことが大切。

 

また、松脂クリーナーというものがあり、これを付けて松脂を取ってから普通に洗濯するという手もありますよ(^^♪

スポンサードリンク

 

松脂の落とし方 車の場合

松の木の下に駐車しておいた車に松脂が!っていう経験はありませんか?

 

ガラスに付いているだけならゴシゴシと擦って落とせますが、ボンネットなどのボディーなんかですと、傷をつけてしまいます。

 

普通に洗車しても落ちることはありませんので、車のボディーについた松脂は別の方法が必要です。

 

車についた松脂は、消毒用アルコールやエタノールをスプレーしてみましょう。これならボディや塗装面を傷つける事なく、松脂を溶かして落とすことができます。

 

ただし、アルコールでワックス層も溶かしてしまっていますので、松脂が取れた後は水洗いをし、ワックスがけをするとの忘れないようにしましょう。

 

松脂の落とし方 床の場合

住居内にアカマツなどの松材を使用して、床や窓枠、カウンターなどが造作されている場合があります。

 

そんな場合、ふと気づくと、一見水滴のように松脂がにじみ出ている場合がありますよね。

 

水ぶきしても落ちませんので、こんな場合は消毒用アルコールやエタノールをしみ込ませた雑巾で拭いてみてください。

 

気持ち良いほど落とせるのと同時に、溶けた松脂がニスになり、天然の塗料として、その造作物を美しくしてくれますよ。

 

まとめ

松脂は樹脂なので、付いてしまうと頑固な汚れとなってしまいますが、よく溶ける溶剤を知っていると簡単に落とすことが出来ますので試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 - 悩み, 生活