ボーリング所要時間の目安は?最高スコアは何点?ピンの重さは違う?

   

ボーリングボーリングに行く際に、何時くらいに終わるんだろう?って気になりませんか?その後のランチやディナーの予約を入れたい場合などの場合は、あらかじめボーリングにかかる時間が気になるところですよね。そこで、ボーリングの所要時間の目安やボーリングの最高スコアを紹介しています。

スポンサードリンク

ボーリングの所要時間の目安とは?

ボーリングをする際には、何人でするのか、何レーンでするのか、休憩は入れるのか?などにより実際にはかかる時間は変わってきますし、慣れている人たちと、初心者の集まりでも変わってくるでしょう。

 

ですが、あくまでも目安という意味では、ボーリングを1ゲーム行うには一人10分は必要だと覚えておくと便利です。

 

1人10分ですから、3人で1レーンを使っているならば、
10分×3で30分で1ゲームを終了することができます。
4人であれば40分ということですね。

 

大抵は、2ゲームすることが多いと思いますので、その場合は、その2倍の時間を見ておきましょう。ただし、ここには休憩時間などが含まれていませんので、ゲームの合間にひと休憩、ドリンクタイムなどを取るのであれば、余裕をもっておきましょう。

 

当然ながら、スコアによっても時間が伸びたり縮んだりもしますので、一概には言えませんが、平均スコアを140前後だとすると、これくらいの計算で大きくは外れないはずですよ!

ボーリングの最高スコアって何点?

ちなみに、ボーリングの最高スコアっていくつかご存知でしょうか?知っている人にとってみれば当たりまえの数字なのですが、意外と知らない人が多いんですよね。

 

最高スコアっていうことは、すべてのゲームでストライクを取るということです。

スポンサードリンク

 

ボーリングは全部で10フレームあります。
最初の1フレーム目から10フレーム目までを全てストライクで投げるとすると、1フレームあたり30点となります。

 

30点×10フレーム=300点

 

となり、最高スコアは300点となります。投げる回数は全てで12回となりますので、12回全てをストライク出さなければ、パーフェクトゲームという300点を出す事が出来ません。

 

プロボーラーですらめったに達成できないものですので、あなたも是非チャレンジしてみてくださいね!!

ボーリングのピンの重さは店により違う?

ボーリングのピンには規格があって、一定なものだと思っていませんか?じつは違うんですよ。

 

ボーリング場によっては、よく跳ねるピンと、そうでもないピンがあります。ではその違いは何なのでしょうか?

 

ボーリングのピンの重さは、実は一定ではなく、
3ポンド6オンス~3ポンド10オンス以下と幅があるのです。

 

4オンスの幅があるのですが、これはグラムにすると100グラムとなり、10本分のピンを集めると実は1キロにもなるのです。

 

ですから、風圧やかすった時のわずかな振動でも倒れやすいピンを採用しているボーリング場と、ドッシリとしたピンを採用しているボーリング場とでは、ピンの倒れ方や、倒れ方の見た目の派手さが変わってくるのです。

 

レジャー客をターゲットとした全国展開のボーリング場等では、軽めのピンを採用している事が多く、大会を行う際には大会用のピンに差し替えたり、昔ながらのボーリングセンターなどではドッシリとしたピンを使用していたりします。

 

このピンの倒れ方の違いは、いくつかのボーリング場を回ってみないと実感できませんが、ある程度上達してくると、すぐにその感覚の違いに気づくことでしょう。

 

そんな目でボーリングを観察してみると、相性のいいボーリング場に出会えると思いますので、是非お試し下さい。

まとめ

ボーリングの所要時間の目安は一人1ゲームだいたい10分。
ボーリングの最高スコア(パーフェクトゲーム)は300点。
ボーリングのピンの重さは店により実は違う。

スポンサードリンク

 - レジャー