熊野大花火大会の駐車場混雑情報と休憩場所、泊まれる場所

   

大迫力の三尺玉海上自爆の花火で有名な熊野大花火大会。三重県内では人気ナンバーワンの花火大会ですので、渋滞混雑は必至です。こちらの記事では、熊野大花火大会の臨時駐車場の最新情報と、当日の混雑状況紹介、花火開始までの休憩場所などをご紹介しています。

スポンサードリンク

熊野大花火大会の駐車場と当日の混雑情報

◆熊野大花火大会◆
まずは基本情報。

・開催日 2016年8月17日(水)
荒天時18日・22日・23日・29日・30日に順延(朝6時に決定)※熊野大花火大会は天気よりも波の影響が大きいので、必ず波の情報をキャッチしておきましょう。

・開催時間 19:10~21:30

・打上げ数 10000発

・人出   7万人

・開催場所 三重県熊野市木本町~井戸町 七里御浜海岸
JR紀勢本線熊野市駅から徒歩5分

★そして本題・・・熊野大花火大会に車で行かれる方にとっては、もっとも切実な問題が駐車場ですね。

こちらでは、花火大会用に設けられた臨時駐車場の開場時間や満車予想時間を2016年7月20日に熊野市より公開された最新情報をご紹介します。

2016年7月20日更新情報
◆一般自家用車が止められる臨時駐車場◆

【有馬】駐車料金2000円
※上から順に満車になり次第、下駐車場が開場

・有馬中学校130台 開場7:00満車予想8:00
・市営陸上競技場490台  上満車後開場 満車予想11:00
・市営野球場390台 上満車後開場 満車予想14:00
・熊野精工・矢田180台 上満車後開場 満車予想15:00
・旧近大高専410台 上満車後開場 満車予想16:00

【山崎】駐車料金2000円
※上から順に満車になり次第、下駐車場が開場

・山崎運動公園280台 開場5:00 満車予想15:00
・不燃物処分場200台 上満車後開場 満車予想17:00
・新矢田橋135台 上満車後開場 満車予想18:00

【金山駐車場】駐車料金2000円
※上から順に満車になり次第、下駐車場が開場

・金山工業団地840台 開場12:00 満車予想18:00
・金山小学校180台 満車後開場 満車予想20:00

【その他】

・有馬小学校170台 開場7:00 満車予想11:00 駐車代2000円
・花由90台 上満車後開場 満車予想15:00 駐車代2000円
・旧建設省跡70台 開場8:30 満車予想11:00 駐車代2000円
・大本中学校320台 開場7:00 満車予想10:00 駐車代3000円
・大吹峠55台 開場7:00 満車予想8:00 駐車代3000円

※当日の臨時駐車場の満空情報がこちらで確認できます。
http://www.kumano-kankou.info/kumano-fireworks/parking/

市が設けた臨時駐車場はリーズナブルですが、実際には開場前の深夜から駐車待ちの車が並び、早朝から満車になっていき、どこも花火会場までかなり距離があります。1.5キロ~4キロ。

◆民間の駐車場◆
イオンやオークワなどのショッピングセンターも駐車場がありますが、当日はここも駐車するのが困難になります。オープン前から並んで停める必要あるでしょう。

また、当日は民間の駐車場や一般の民家がプラカードなどをを出してます。値段は5000円~10000円と、値が上がりますが近いです。

名古屋方面からであれば、尾鷲、紀伊長島の駅周辺に車を停めて、電車で熊野市駅に向かわれる方が、駅から会場まで5分ですし、帰路の大渋滞に巻き込まれずおすすめです。

スポンサードリンク

それでも会場付近まで車で来て駐車されるならば、42号線の帰路の渋滞は深夜にまで及びますので、帰宅できるのは朝になってしまうかもしれません"(-""-)"

車中泊をし、早朝の渋滞が解消されてから帰路につかれるのがストレスが少ないはずです。

熊野大花火大会の休憩場所

駐車場を確保し、観覧場所の確保が出来たら、あとは花火が始まるまでの時間をどう過ごすか計画を立てておきましょう。

駅付近では土産物を見たり食べ歩きをしたり。イオンがありますのでブラブラしたりとできますが、同じことを皆さん考えますので、相当な人です。そしてかなり疲労します・・・。

花火大会の主催者側では、休憩場所をいくつか用意しています。朝早くに車で現地入りした後は、夜まで観光はきつい・・・という場合は以下の休憩所を利用してはいかがでしょうか。

【無料休憩場所】
・井戸小学校体育館   8:30~18:00
・木本小学校体育館 8:30~18:00
・市営体育館      8:30~17:00
・労働福祉会館(エアコンあり)8:30~18:00
・文化交流センター(エアコンあり)8:30~20:00

休憩場所を利用したい場合は、休憩場所の近くにある大本中学校や、大本小学校の駐車場を早朝から優先的にあたって停めておくのが賢いです。

熊野大花火大会に泊りで行く

日帰りで熊野大花火大会に行こうとすると、駐車場の問題や車を止めた後の時間つぶしや休憩場所など、様々な問題があります。それだけ人気の花火大会なのですが、思い切って、泊りがけで計画を立てましょう。

選択肢は、

・近隣の温泉旅館を確保
(・湯浴みぼっこ・熊野の宿 海ひかり・熊野古道温泉・あたしか温泉等、当日チェックイン後に電車で花火会場にアクセスしましょう。ただし、かなり早い段階での予約が必要ですが、場合によってはキャンセルなどがあり直前に空く可能性も・・・。)

・近隣のビジネスホテルなどを確保
(・ビジネス旅館 潮音・ビジネスホテル七里ヶ浜・旅の宿 はるさめ・ビジネスホテル河上・みはらし亭・
ビジネスホテル鬼ケ城・ホテルなみ等、こちらもかなりの早い段階で締め切られます。場合によって1室だけ直前に空く場合もありますので、あきらめずに問い合わせてみましょう))

・近隣のキャンプ場を確保
(・千枚田オートキャンプ場・大泊海水浴場キャンプ場・新鹿海水浴場キャンプ場等、中でも千枚田オートキャンプ場は花火終了後の渋滞とは逆方向にあり、混雑を避けてキャンプ場につくことができるためおすすめ。ただし距離があるので綿密に計画をたてましょう。)

・車中泊できる場所を確保
(・道の駅 熊野・花の窟・道の駅 パーク七里御浜・道の駅 紀宝町ウミガメ公園等、車中泊にはトイレや休憩場所のある道の駅がおすすめですよ)

・臨時駐車場に停めた車で車中泊をしてから帰る
(渋滞緩和のために車中泊を咎められることはありません。前泊はできませんが、当日の花火終了後の車中泊は可能です。ただしトイレなど困難きわまりない可能性が大きいので、女性やお子さんにはおすすめできません。携帯トイレは持参が必須です)

熊野大花火大会のまとめ

人口密集地からのアクセスも遠く、周辺の時間つぶしにも困難な花火大会ですが、それでも見にきて良かった、来年もまた見にきたいと多くの方の支持を受けているダイナミックな花火大会。地元の人々でも2週間も前から場所取りを行うほどですので、遠方から向かわれるなら事前に十分な計画を練る必要があります。是非参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

 - イベント, レジャー ,