ピアノ発表会で花束を渡すタイミングは?値段相場と花束以外のプレゼント

      2017/03/13

ピアノ発表会ピアノの発表会において、花束を渡すタイミングに悩みませんか?渡す相手が自分の娘への場合や、親せき、友人から呼ばれた場合と先生への場合とでは違うのでしょうか?花束の値段相場も相手により違うのか、花束以外のプレゼントは用意した方がいいのか?ピアノを6年娘が習っている管理人が体験をもとにご紹介しています。

スポンサードリンク

ピアノ発表会で花束を渡すタイミングは?

私の娘もピアノをかれこれ6年以上習っており、その間転居の都合により、ピアノ教室も先生も変わり、発表会にも教室により色々あるものだと実感しています。その中でもお花の取り扱いについて、主催して下さっている先生や教室の考え方により大きく違う事を知りました。

 

【演奏を発表する人数が多い発表会で生徒に渡す場合】

私の経験を元にお伝えしますと、生徒数が多い中規模~大規模なピアノ教室の場合は、発表会が朝から夕方まで丸一日かかることもあります。個人の先生でしたが、ピアノファミリーで家族や親せきなど3人の先生体制で生徒さんも100名ほどいました。

 

そうなりますと、発表会で1人1人に割ける時間は限られているため、演奏するたびに花束を誰かがステージの近くまで持っていき、渡すというのはできません。あくまでも演奏のみを発表し、流れ作業的にお辞儀をすればすぐに次の生徒さんの番となります。

 

このような発表会は、大規模なピアノ教室でなくても、20人ぐらいの教室であっても、知り合いの先生どうし3つの教室合同の発表会という場合においても同じ雰囲気となります。

 

演奏を発表する生徒さんが多い発表会においては、受付をしっかりと用意している場合も多く、その場合は受け付け時に花束を受け付けの方に渡す体制を取っている場合があります。
その花束は、演奏終了後に、舞台袖などで裏方さんが渡して貰えるという手順となります。

 

受付が無い場合の発表会ですと、お目当ての生徒さんの演奏が終わるまで自分で花束を持っていて、演奏終了後に舞台裏で渡してあげる、もしくは控室で渡してあげるという方がスマートです。

 

しっかりと場数を踏んでいる教室の場合は、あらゆる事を想定して、事前に注意事項として当日の花束の渡すタイミングについてもお伝えしてくれている場合や、プログラムと一緒にプリントを渡してくれています。

 

【こじんまりとした発表会で生徒に渡す場合】

いっぽう、少人数のピアノ教室の発表会の場合は、アットホームに、一人1人の演奏が終わるたびに、誰かが花束を舞台前に持っていくという場合もあります。

 

ここで問題になるのが、花束を貰える子と、貰えない子が出てきてしまう事です。観客がいる中で花束を受け取れた生徒さんは誇らしい気持ちになるでしょうが、花束のない生徒さんが少し可哀そうに映ってしまうことです。

 

そうなってしまう事を想定して、花束の受け渡しを演奏終了後の舞台袖や控室だけに限定してくれている発表会は、とても配慮が行き届いていると感じます。

 

【先生に花束を渡す場合のタイミング】

先生が演奏を行わない場合と、先生も発表を行う場合とではちょっと変わってきます。
先生の演奏がない場合は、発表会終了後の舞台挨拶のタイミングで渡したり、写真撮影の前に渡したり。

 

先生が1曲しか演奏がない場合では、その演奏が終わったタイミングで生徒代表の方が舞台前に渡しに行くというケースもあるでしょうし、何曲も演奏したり、生徒さんとの連弾があったりした場合には、すべての生徒と先生の演奏が終わり、最後の挨拶の場で先生に渡すという場合があります。

 

いずれにしても、花束を渡すタイミングは本当に先生や教室の考え方次第なので、ご自分の娘さんや身内の発表会の場合は、事前に先生に確認しておき、知り合いや友人からの発表会に行く場合には、本人に花束の事はききにくいでしょうから、受付があるのか?控室があるのか?などを聞いておいて、当日臨機応変に対応できるようにしておいてはいかがでしょう。

 

演奏後すぐに舞台前で渡す雰囲気である事が分かった場合には、他の観客や演奏者の邪魔にならないような花束にしておきましょう。演奏中にガサゴソとラッピングの音がしたり、紙袋の音を立てるのはタブーです。

 

可能であれば音の出ないような花束にして、用意しておくのがベストです♪以外と見落としがちなのが、スマホの音だけでなく、バックやカギに付いているキーホルダーの音です。演奏中にバックを開け閉めするたびにチャリンチャリンと鳴らしている方がおられるので、発表会に行く際には外しておいたほうが良いですよ!!

スポンサードリンク

ピアノ発表会花束の値段相場やアレンジ

ピアノ発表会の花束の値段相場というのは、渡す生徒さんが子供の場合は可愛いブーケタイプがピッタリで、喜ぶと思います。

 

値段も1000円ぐらいから素敵なブーケが作れますので、お花屋さんに相談してみましょう。カラフルなガーベラなどが入ったブーケが見た目にもボリュームが出て可愛いですよ!

 

高校生以上ぐらいの大きな生徒さんへの花束となると、少し大きくなる方が写真映えします。予算は2000円~3000円ほどが一般的です。ただ、その教室の格?のようなもので上下がありますので、事前調査が必要ですね。

 

先生への花束の場合は、もっともボリュームが必要となりますが、値段の相場も教室の規模や生徒さんの人数によっても微妙な問題です。生徒代表で渡す場合は1万円くらいのボリュームのある花束もあるでしょうし、個人的に渡す場合となれば5000円前後かと思います。

 

余談ですが、もしも生徒代表などで大きな花束を用意する場合には、花束というよりも、演奏中も舞台を華やかに飾る事が出来る花飾りをピアノの袖に最初から飾っておくという手もあります。演奏終了後には集合写真の中に花飾りを含めて華やかにもなりますし、先生が花束を持っていなくても写真としては充分に華をそえることが出来ます。事前に先生に申し入れをしておくことで、発表会当日の花束をいつ渡せばいいのか?の問題も省略できて便利だと感じます。

ピアノ発表会 花束以外のプレゼントは?

発表会で花束以外の物をプレゼントしたい思う場合もありますね。そんな場合のオススメプレゼントは、焼き菓子やクッキーが一番だと思います。

日持ちもしますし、実をいうと発表会って、あまり自由に外に出れずにお腹が空いていることが多いです。焼き菓子ですと、ちょっとお腹にたまって嬉しいんです。

・花束+別のプレゼントなら小さな子袋の焼き菓子。

・花束無しで別のプレゼントなら箱入りのちょっとボリュームのある焼き菓子。

クッキー・マドレーヌ・フィナンシェ・マカロン・ワッフルなどはとても嬉しいものです♪

ただ、シュークリームだけは避けましょう((+_+))
個人的にはすっごく嬉しい洋菓子ですが、ドレスにボトッとクリームを落としたことがあるので、あれは無しです。無し。

★★★こちらもオススメ関連記事★★★
・ピアノを習うデメリットはメリットでしかない?いつ何歳から

・ピアノコンクールに出るメリットは?いつから出ると良い?

・子供の習い事ピアノの月謝相場と、必要な年間費用は?

・ピアノ発表会女の子の靴の選び方、どんなドレスにも似合う物は?

まとめ

ピアノの発表会は、大抵大きな会場をかりて、参加費用やドレス代などけっこうな出費となります。自分の子供の発表会の場合は自分で花束の値段など決められるのでいいのですが、人から頂く場合には、『値段相応のお返しをしなくては』と、またまた余分な出費が重なる事がありますので、プレゼントする場合には相手に負担とならない相場の物が好ましいと思います。
参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

 - 習い事 ,