台風や地震に備える防災グッズ一覧と、オシャレな防災グッズ

   

台風や地震などの天災はいつなんどき起こるか分かりません。地震や台風で大きな被害を受けている地域を目にするたび、備えておかなければ・・・と思いませんか?この記事では、①避難所などに持ち出す為に必要な防災グッツの一覧と、②自宅で避難できるがインフラなどが途絶えた場合に必要な家で常備しておく防災グッツの一覧をご紹介します。

スポンサードリンク

台風や地震に備える防災グッズ一覧

まず、防災グッツとひとくくりに言っても実は二種類の準備が必要であることを頭に入れておく必要があります。二種類の用途は異なりますので、混同して用意していても、いざという時には役に立たないどころか荷物になってしまう物もありますので、十分に理解して備えておきましょう。

1■防災グッツ―『避難袋(持ち出すもの)』
まず、自宅や自宅周辺が危険な状況になった場合には、どこか最寄りの避難所へ向かう事になります。この際に必要になるものが『避難袋』です。

この避難袋に求められるものは、最寄りの安全な場所まで無時たどり着けるようにする事と、避難所で必要なものが備わっていることです。リュックのイメージが大きいようですが、大きな車のついたキャリーなどなら高齢の方でも持ち運びができると思います。

■防災グッツ『避難袋(持ち出すもの)』に入れておく物一覧

□耳栓、安眠マスク
□携帯マクラ
□子供がいるなら安心するぬいぐるみ
□飲料水:500mlペットボトル数本
□非常食:高カロリーな菓子類など
□体温調節サポート:夏は暑さよけ、冬は保温にもなるもの
□現金(小銭も:公衆電話用)
□手巻き式ラジオ(携帯スマホの充電にもなるもの)
□懐中電灯
□ローソク・ライター・マッチ
□カッパやポンチョ
□タオル
□ナイフやハサミ、爪切り
□ウエットティッシュ
□洗面用具
□筆記用具

 

2■防災グッツ―『備蓄品(自宅で常備しておくもの)』
『備蓄品』とは、避難所などの一時退避場所で使うものではなく、自宅は安全で生活は出来るものの、電気や水道、ガスなどといったインフラが災害で破壊されてしまい、復旧できるまで、もしくは給水車などの援助が届くまでの間に何とか過ごせるようにするための備えです。

■防災グッツ―『備蓄品』一覧

□断水対策
・飲料水:3リットル/一人/一日
(三人家族なら2ℓペットボトル18本が四日分です)
・簡易トイレ
(戸建ては最悪庭に穴を掘って用を足せますが、マンションなどの方は必ず用意しておく必要があります)

□保存食:ある程度保存がきいて火をつかわず食べられるもの
(缶詰やインスタント食品、クラッカーにレトルト。おススメ保存食はパスタ。保存がきいてお湯だけで調理でき腹持ちもよいので)

□調理や暖を取るグッツ
カイロ・カセットコンロとカセットボンベ・アウトドア用品のバーナーなどでも代用ができますね。冬場なら電気で着火しない昔ながらの石油ストーブがあれば、暖もとれ調理も出来るので重宝します。

□停電対策
LED懐中電灯・ろうそく・マッチ・手巻き式ラジオ・電池
(手巻き式ラジオで携帯やスマホも充電できるものがあるのでそれがおススメ。非常事態用にスマホにもラジオアプリを入れておきましょう)

□救急応急セット
いつも飲んでいる薬・包帯・ガーゼ・三角巾・消毒・絆創膏・塗り薬など。

□衣服
災害は夏場くるのか冬場か分かりません。対応が出来るように重ね着できる衣類を取り出しやすい場所においておきましょう。

□工具類とレジャーシートやブルーシート
私は昔、阪神淡路大震災に合いましたが、家の壁の中の水道管が破裂して水道の元栓を閉めなければならないのに、工具が見当たらなくてアタフタしたり、屋根の瓦が落ちて雨漏れを防ぐためにブルーシートを屋根に被せる必要があるのに、ホームセンターはどこも売り切れで困って、簡易的に大きなレジャーシートを何枚も重ねて雨漏れを防いだ苦い経験があります。

災害時はどこのお宅も同じ状況ですので、工具類もカセットコンロも買いたくても買えなくなります、普段から置いておくことに越したことはありませんよ。

おしゃれな防災グッズ

非常時ですから、おしゃれが必要かどうか?は別として、平常時に用意しておくのですから、出来れば玄関付近においてあっても違和感のない物や、ただでさえ気分が落ち込んでしまう時だからこそ、少しでもオシャレでいたくないですか?

こちらでは、上で紹介した避難袋=避難所に持ち出す荷物に必要なものが詰まった、オシャレな防災グッツをご紹介しますね。

★とりあえず一人分は確保しておきたい!なら、これ一つで十分に避難所までむかえます。しかもスタイリッシュでスマートなサイズだから玄関に置いてあっても違和感がありません。

スポンサードリンク

 

★このオシャレな避難袋で二人分の緊急避難ができる防災グッツが詰まっています。何より、眠りを配慮したエアーマットが入っているのが素晴らしいですね!

 

台風や地震に備える防災グッズのまとめ

災害は起こってしまってからでは手の打ちようがありません。必要と思われるものは、その日の内に店舗から消え、災害の規模によっては全国的に品薄となり入手が困難になるものが多くあります。阪神大震災の際のブルーシートや工具、東日本大震災の際のカセットコンロにボンベなど、平常時だからこそ吟味して選べるグッツが多くありますので、是非備えておきましょうね。

スポンサードリンク

 - 生活 , ,