自分がうつ休職中でも年賀状を出す?相手が療養中の場合は?

   

%e5%b9%b4%e8%b3%80%e7%8a%b6うつで休職中なのに年賀状を出さなきゃならない?または鬱で療養中の知人に年賀状を出していいかどうか?といった悩みに、実際にうつ療養中の家族がいた体験をまとめています。

スポンサードリンク

自分がうつで休職中に年賀状を出す?

鬱を患い、現在休職中の方もいらっしゃるはず。そんな方にでも年末年始はやってきます。さて、年賀状を出すか出さないか?休職中の会社の同僚に出すなら、何と書けばよいのか?と悩まれる事でしょう。

 

また、逆に自分が休職中でなくても、同僚にうつで休職中の方がいれば、その方に年賀状をだしていいものかどうか?も悩むところではありますね。

 

これらの件について、実際にうつで休職した経験がある夫を持つ妻としての考えをまとめてみました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【自分がうつ(家族がうつ)で、年賀状を出すかどうか?】

もうね、鬱になっている本人も苦しいですが、一緒に暮らしている家族は半端なく苦しいのです。本人を気遣うのはもちろんですが、生活の不安や、いつ良くなるのかも分からない暗闇の中で、明日どうなるんだろう?と常に不安が覆いかぶさってきます。

036

そんな中にいて、年賀状?
申し訳ありませんが、どう生きるかどう死ぬか?ってことまで考えるのが鬱です。そこまで至っていなくても、周りの方への配慮ができる心の余裕があれば、鬱にはなっていません。

 

もうね、心のコップがいっぱいいっぱいで、あふれてしまっているので、年賀状の事なんて考えなくてもいいのですよ。年賀状を書かなくても、そして送らなくても大丈夫です。

 

そのことによって疎遠になってしまう間柄の相手ならば、所詮それまでの付き合い自体が義理だったのでしょう。
逆に、そっけない印刷の年賀状を送るだけで構わない相手ならば、サクッと定例文を印刷して送り気持ちを楽にしましょう。

 

何か一言を加えなければ具合悪いな、と思われる方ならば思い切って年賀状自体を辞退してしまってもいいと思います。
環境が好転し、うつ症状が落ち着いてからでも、その時のお詫びを手紙にしてもいいではありませんか。

 

それを受け取った相手は、年賀状が届かなかった時を振り返り『どうして?』と思ってしまった事を、知らなかったとは言え申し訳ないと感じるかもしれません。

 

すでに鬱で休職中である事を知っている相手ならば、年賀状が届かない事になんとも思いません。『早くよくなって、元気になってほしい』と思っているはずです。

 

素直に愚痴れる相手なら、色んな事が書けるでしょうが、そうではない場合は、本当に書ける文面なんてありませんよね。

スポンサードリンク

 

『復帰を目指して〇〇しています』とか
『○○には復帰しますので、宜しくお願いします』というのは先が見えている状態にまで、回復されている場合には書けるでしょうが、そうでない場合には前向きなコメントを書く事自体が、苦しくて仕方ありません。

 

どうか、無理に年賀状を書こうとせず、今はしっかりと鬱の本人も、ご家族も休養に努めて下さいね。どうしても気になるようでしたら、年賀状が届いた方にだけ、返すという方法もありだとおもいます。

 

実際に、知り合いで鬱になり療養していた方は、それまでは素晴らしい年賀状を毎年下さっていましたが、以後は正月に届いた年賀状から返信しておきたい方だけを選択して、少ない数を返していました。

 

義理の付き合いの数を確保しつづけようというエネルギーを使う必要はありません。あなたと、あなたの家族がしっかりと自立し、安定した暮らしがおくれるようになることが最も大切です。その上で、今年賀状を出せる余裕があるかどうか?を考えられることをお勧めします。

うつで休職している同僚や知り合いに年賀状を出す?

こちらは逆のパターンですね。こちら側は元気なのですが、知り合いや同僚が鬱で療養中の場合に、年賀状を送っていいものかどうか?また何と書いてあげたらいいのか?と悩む事と思います。

 

受け取る側の視点で申し上げますと、年賀状は今まで届いていたのであれば、今年突然届かなくなると。。。

 

『どうしたんだろう?』
『気をまわしてくれたのかな?』
『鬱になってしまった自分との付き合いを辞めたいのかな?』

 

などと、色々考えてしまうのです。
元々、惰性で年賀状をやり取りしていた付き合いの方であれば、逆に楽になったりもするのですが、それなりに親密な付き合いがあった方から届かなくなると、少々寂しくなります。
勝手だと思われるでしょうが、鬱の状態のこちらは年賀状を書ける状態ではありませんが、相手から届かなくなると気になってしまうのも事実です。しかも何事もマイナスに捉えがち。((+_+))ごめんなさいね。

 

ですから、今までと変わりない関係を望まれるのでしたら、どうか今まで通りの年賀状を出してあげて下さい。
それは、たわいない日常の写真が入っていてもいいですし、ストレスの元となった職場や、仕事、人間関係に関わりない話であれば、コメントがあっても嬉しいと思います。

 

もしも相手の負担を考慮されるならば、『今年は年賀状書かなくていいよ~!ゆっくり療養して下さい』とクリスマスカードを送るのもありだと思います。そうすれば、届いた年賀状にお返ししなくちゃ!と考える負担がなくなりますので、有難いです。

 

鬱で療養中である事を知っているにもかかわらず、知らない事になっている?などの場合には、変に気を回さず今まで通りが一番無難だとおもいます。

うつで休職中に年賀状出す?のまとめ

様々なストレスが原因でうつとなっている場合には、年賀状を送ったり、受け取ったりする相手の背景までを敏感に感じてしまって、症状が悪化することも実際にはありますので、ストレスの原因からは遠い話題をコメントするか、ありきたりな定形文のみで無難にやり過ごしましょうね!

スポンサードリンク

 - 季節の行事, 家庭の医学 , ,