小学生胸の痛みは心配ない?しこりは胸が膨らむサイン?

   

胸の痛み小学3年生や、4年生で胸の痛みを娘さんが訴えてきたりしませんか?親としては心配で病院に連れていくべきか迷ったりしますよね。そこで、この記事では小学生の胸の痛みは心配ないのか?しこりは、成長過程の胸が膨らむサインなのか?についてまとめています。

スポンサードリンク

小学生で胸の痛みは心配ない?

小学生で、だいたい早くて8歳くらいから、9歳、10歳くらいで、「胸が痛い」と娘さんが訴えてくる事があります。
女の子は、この時期、第2次性徴と呼ばれる次期にはいっていて、胸が膨らむ準備を始めています。

 

この時期、多くの女の子が体育や遊びで走ったりした際に痛みを感じることがあるのです。中には、友達とふざけていたりして胸を触られたりして痛みを感じることもあるでしょうし、ドッチボールが当たって激痛を感じることも。また、成長が進むと、運動をしていなくても、何となく胸がズキズキするといった症状を訴えるようになります。

 

中にはそんな症状をうまく、親に伝えられずにいる女の子もいるようですので、親は配慮が必要となります。
ほとんどの場合、この痛みを感じた事のある女の子が多く、走ったりしていなくても常に痛みを感じる期間が数か月あるのですが、いつの間にかその痛みは無くなります。ですので、親御さんは心配することなく、様子をみてあげましょう。ただ、中には心配なケースもありますので、それは次の記事にてご紹介します。

胸にしこりを見つけたら胸が成長している証拠?

胸の痛みを訴えるきっかけとなるのは、運動などで痛いと感じるほかに、手で胸を触ったりしたときに、ぐりぐりとする『しこり』を感じて痛みを感じる事も多いです。

 

このしこりも、胸が成長する過程で見受けられるものです。
中には、このしこりを過剰に心配して、もしかして乳がんかも…と一人恐怖におびえる子供もいるようです。

 

乳がんのしこりは、ほとんどの場合が米粒大のしこりからはじまりますので、胸の成長過程に診られるような、平べったいお皿のようなしこりとは様相が違います。

 

『しこり』は、第2時性徴期に乳腺が発達して、それがしこりのようにかんじるものです。小学高学年から中学生くらいまでに気づく事が多いですよ。

 

『しこり』は、女の子だけでなく、性徴期の男の子にもみられる場合がありますし、必ずしも左右対称に現れるのではなく、どちらか片方の胸だけ痛みがあったり、しこりがあったりします。女の子の場合は、いずれは左右どちらも成長していきますので、おいおい両胸にあらわれることでしょう。

 

どうしても気になる場合は、お子さんと一緒に、信頼のおける小児科のお医者様や、乳腺外科、一般外科の先生に診てもらいましょう。

スポンサードリンク

 

一般に、乳がんに未成年者がなる可能性は非常に低く、2010年にはわずか2例しかありません。ただ、ゼロではありませんので、特に成長による『しこり』とは別に、下記のような症状に思い当たる場合は、受診をおすすめします。

 

・しこりが明らかに肥大してきている
・胸の皮膚が陥没してひきつれている
・熱を持ち、赤みをおびている

以上の特筆すべき症状がある場合には、成長痛だときめつけずに、受診を検討してみましょう。

胸が膨らむサインとは?

胸が膨らみ始めるサインというのは、上記でご紹介しましたように、主には胸の痛みと、乳輪の下に現れる、グリグリとした硬いしこりのようなものが現れてから後、しばらくするとゆっくりと成長してくるようです。

 

娘の成長を見ていますと、初めはトップが少し膨らみ始め、その後横に広がりだし、けっして綺麗なバストの形というものではなく、一見、お相撲さんの胸のように横に広がるイメージですね。その後バランスがとれていき、次第に全体的に丸みをおびてくるようです。

 

バストのトップが膨らみ始めると、薄着の時や体育の時には目立つようになるので、厚手のキャミソールや、スポーツブラをプレゼントしてあげましょう。

 

私の経験上、いきなりスポーツブラは小学生にとっては、ハードルが高いので、普通の下着と一見変わらないタイプの、胸が二重になったタイプや、カップが内臓されているタイプのキャミソールから着始める方が、抵抗感がなくて、娘も着やすそうでした。

 

そのうち、娘さんといっしょに下着を選びに行くのが楽しくなるかもしれません。一昔前までは、ブラは中学生からという印象が強かったですが、現在では、11歳になると半数以上の女の子がブラを持っています。

 

ただ、持ってはいても、常時つけているかどうか?はまだ微妙な年齢です。体育がある日だけ、など使い分けている場合もあるようですね。我が子は普段は二重のキャミソール。体育のある日はカップ内臓のキャミソールというように使い分けています。

 

12歳になると、6割以上の女の子がブラを持っていますので、娘さんの成長を観察して、少し早いかな?と思われたなら、いつでもつけれるようにプレゼントしてあげてはいかがでしょうか(^_-)-☆★ブラの前のジュニアキャミソールを楽天でチェック!

まとめ

胸の痛みやしこりを感じた時は、娘さんはきっと不安に思ったり、心細く感じたりしているものです。もしもそんな思いを訴えてきたときには、優しく安心させてあげてくださいね。少しの間成長痛はあるけれど、しばらくすると落ち着いて痛みが無くなる事、しこりは胸が膨らむサインだよって伝えてあげて下さいね(^_-)-☆

スポンサードリンク

 - 女の子育児 ,